オペ室の看護師が辞めたいと思うのはどんな時?辞めたい時の解決法は?

オペ室の看護師が辞めたいのは、やりがいが感じられないから?

オペ室の看護師が辞めたいと思うのはどんな時でしょうか?また、辞めたいと思った時はどうしたら解決するのでしょう?今オペ室で働いていて辞めたいと悩んでいる看護師さん、これからオペ室で働きたいと思っている看護師さんは必見ですよ!

オペ室の看護師が辞めたいと思う時=やりがいを感じない

オペ室の看護師が辞めたいと思う時は、やりがいを感じない時です。看護師はやりがいを感じやすい職業と言われていますよね。

それは患者さんが元気に退院していく姿を見ることができたり、「ありがとう」と感謝の言葉を患者さんから言われたりするからです。

でも、オペ室ではそれがないんですよね。オペ室の看護師が患者さんと接するのは、基本的に手術中だけです。長い入院生活の中のほんの一部分だけ。しかも、全身麻酔の場合、意識がない状態で接することになりますので、患者さんと会話もできません。

つまり、一般的な病棟の看護師がやりがいを感じる瞬間が、オペ室の看護師にはないんです。オペ室の看護師の仕事は、緊張感漂う中で正確にテキパキこなさないといけませんので、体力的にも精神的にもしんどいものです。

しんどいのにやりがいを感じなかったら、「オペ室なんてもう辞めたい」と思ってしまいますよね。

オペ室の看護師が辞めたいと思う時=病棟に戻れなくなりそう

オペ室の看護師が辞めたいのは、病棟に戻れなくなりそうだから?

オペ室の看護師が辞めたいと思う時は、このままオペ室で働いていたら病棟に戻ることができなくなりそうと感じる時です。オペ室は専門性が高い職場ですが、その分一般病棟とは違う仕事内容になります。

オペ室の看護師は患者さんと接する時間が短いですし、病棟で使うような経管栄養についての知識や採血や点滴ラインの確保など基本的な看護技術を身につけられません。

一般病棟で働く同期と話していると、「ヤバイ!」と思うことがあるんです。

「この前、患者さんがナースコール連打でさ~、その対応が本当に面倒臭かった~」

「いつも怖い先輩看護師が採血失敗したから、交代要員で私が採血しに行ったんだけどさ。一発で採血できて、本当に快感だった~!」

こういう会話は、病棟の看護師にとっては「あるある」ですよね。でも、オペ室の看護師にとっては、「あるある」ではないんです。そして、オペ室の看護師の「ガーゼカウントが合わない時は冷や汗もの」などのオペ室「あるある」を話しても、いまいち盛り上がらない。

同期との会話についていけなくなった時、「このままでは病棟で働けなくなるかも」と不安になって、オペ室を辞めたいと思うようになるんです。

オペ室の看護師が辞めたいと思ったら、どうすれば良いの?

オペ室の看護師が辞めたいとき、どうすればいい?

オペ室の看護師が辞めたいと思ったら、どうすれば良いのでしょう?「辞めたい」という気持ちに正直になって、オペ室を辞めちゃいますか?

でも、ちょっと待ってください!今すぐにオペ室を辞めてしまうのはもったいないですよ!

オペ室で働く期間を自分の中で決めよう

オペ室は確かにちょっと特殊な領域です。でも、その分病棟では学べないことや経験できないことがたくさんありますよね。

何より解剖生理を実際に目で見て勉強できるんです。これは、本当に貴重な機会です。解剖生理をしっかり身につけておけば、その知識はどこの診療科に行っても役に立ちます。

それに、器械出しについても、病棟では絶対に経験できないことですが、器械類の知識を身につけておけば、病棟で処置の介助をする時に戸惑うこともありません。

もし、あなたがオペ室の経験が豊富で、解剖生理もバッチリ!どんな手術でも対応できる一人前の看護師だったら、オペ室を辞めても良いと思います。

でも、まだまだオペ室で学ぶことがあるという看護師さんは、辞めてしまうのはもったいないんです。ただ、オペ室に長くいると、病棟に戻りづらくなってしまうのは事実です。

ですから、もう少し頑張って、オペ室で○年働くと自分の中で決めて、その間にオペ室で学べることをしっかり吸収するようにしてはいかがですか?

やりがいを感じないなら、ちょっと考え方を変えてみよう

やりがいを感じないから辞めたいという人は、ちょっと考え方を変えてみましょう。確かに、オペ室の看護師は患者さんにお礼を言われることも少ないですし、退院する姿を見ることはできません。

だからといって、オペ室の看護師の仕事はやりがいがないというのは間違いです!

「器械出しが完璧にできたので、オペが予定よりも早く終わった」、「外回りの仕事をスムーズにこなしたから、オペがトラブルなく終わった」ということがありますよね。

あなたの仕事のおかげでオペが安全に早く終われば、患者さんの身体的な負担は少なくなります。そうすれば、患者さんは早く退院できますよね。

あなたの仕事が患者さんの早期退院につながると考えれば、オペ室の仕事にもやりがいを感じられるようになるのではないでしょうか?

ちょっと考え方や視点を変えてみれば、オペ室のやりがいは見つかるはずです。だって、オペ室の仕事はとても重要で専門性の高いものなんですから。

でも、「もうオペ室の経験は十分」、「どうしても今すぐ病棟に戻りたい」という場合は、異動や転職を考えましょう。異動するなら、師長に相談してください。転職を考えるのであれば、転職サイトを使いましょう。

転職サイトを使えば、「オペ室への配属は絶対NG!」という交渉をあなたの代わりに担当者がやってくれますので、満足できる転職ができますよ!

おすすめの看護師転職サイト

【1位】看護roo!

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社クイック

看護roo!は看護師の口コミで急速に広がりつつある実力派サイトです。一人ひとりの状況に合わせた求人選びを大事にしており、利用者の満足度も高いので、イチオシの看護師転職サイトです。きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。※対応エリアは関東・関西・東海のみ

【2位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は人気急上昇中で、たくさんの看護師を転職によって幸せにしてきた実績のある転職サイトです。求人の量・質共 に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。ナース人材バンクとの併用にもオススメ!

この記事を書いた人

看護師 rina

  • 取得資格:看護師、保健師
  • 出身:茨城県
  • 年齢:34歳
  • 看護師経験:大学病院、一般病院、介護老人保健施設、巡回健診、イベントナース
  • 経験がある診療科:救命救急センター、一般内科

看護大学を卒業後、都内の大学病院で5年間勤務。その後は、一般病院の療養型病院で2年間勤務しました。大学病院に勤務している時には、バイトで介護施設などでの勤務経験もあります。1児の母となった現在は、看護師ライターとして看護師の皆さんが、自分に合った働き方ができるように、転職やライフスタイルのアドバイスに関する記事を執筆しています。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる