看護師がうつから再就職するためのステップを教えて!

看護師がうつから再就職するためにはどうすれば良いのでしょう?

看護師がうつから再就職するためにはどうすれば良いのでしょう?

うつ病が良くなったから、また看護師として働こうと思っても、「またうつ病になるかも」と心配になりますよね。

うつ病からスムーズに再就職するための3つのステップを教えます!

看護師がうつから再就職するためのステップ1=うつの原因を探ってみよう

看護師がうつから再就職するためのステップ1=うつの原因を探ってみよう

看護師がうつから再就職するための最初のステップは、あなたがうつ病になった原因を探ってみることです。

うつ病になってしまった原因を探るということは、ストレスだった日々を思い返さなくてはいけないので、あなたにとっては辛い作業になるかもしれません。

でも、このステップをきちんと踏んでおかないと、また同じ原因でうつ病になってしまう可能性があるんです。

もう二度とうつ病にならないために、再就職して看護師として働くためには、うつ病になった原因を探る必要があるのです。

あなたがうつ病になったのは、看護師として働く中で辛いことがあったり、過度のストレスを感じていたからですよね。

<看護師さんがうつ病になる原因として多いもの>
・毎日残業があるような仕事中心の生活
・夜勤で自律神経のバランスが崩れた
・職場の人間関係が悪くて、イジメに遭ったり、派閥争いに巻き込まれた

看護師さんがうつ病になるのは、この3つの原因が多いと思います。あなたがうつ病になった原因は、この3つの中にあるでしょうか?

1つだけではなく、これらの複数の原因が複雑に絡み合って、うつになってしまった人もいるでしょう。

あなたがうつ病になった原因がわかったら、再就職のための次のステップに移りましょう。

看護師がうつから再就職するためのステップ2=うつの原因を解消できる職場を厳選!

看護師がうつから再就職するためのステップ2=うつの原因を解消できる職場を厳選!

看護師がうつから再就職するための2つ目のステップは、うつ病の原因を解消できる職場をピックアップすることです。

あなたがうつ病になった原因がわかったら、もう二度とうつ病にならないように、うつ病の原因とは無縁の職場をピックアップし、そこに再就職すれば、再就職を成功させることができますよね。

うつ病の原因別に、オススメの職場をご紹介します。

残業が多く仕事中心の生活だったことが原因のあなたへオススメの職場

毎日毎日残業があって、仕事中心の生活になり、プライベートがおろそかになったことで、心身ともに疲れ果ててうつ病になったあなたは、残業がなく、ゆとりを持って働ける職場を選びましょう。

残業がなくゆとりを持って働ける職場でオススメなのは介護施設です。

介護施設はほとんど残業がありませんし、看護師は看護業務に専念できます。

また、急性期病棟のような急変はほとんどありませんので、心身ともにゆとりを持って働くことができるんです。

介護施設には介護老人保健施設(老健)、特別養護老人ホーム(特養)、有料老人ホームがありますが、あなたに合ったところを選ぶと良いでしょう。

クリニックの中にはゆとりを持って働けるところもありますが、休日が少なかったり、想像以上に忙しいところも多いですので、クリニックを選ぶ時には注意してください。

夜勤で自律神経のバランスが崩れたことが原因のあなたへオススメの職場

夜勤に入って体内リズムが乱れたことで、自律神経のバランスが崩れてしまったことが原因でうつ病になってしまったあなたは、再就職先は日勤のみの職場を選びましょう。

日勤のみの職場を選ぶ時に気をつけるべきポイントは、オンコールの有無です。

「日勤のみ」と言いつつも、実はオンコールがあるところもあるんです。

オンコールがある職場だと、夜間に電話で呼び出されることもありますので、うつ病を再発させないためには、オンコールもない完全に日勤のみの職場を選ぶ必要があります。

日勤だけの勤務だけど、オンコールがあるという職場は、特別養護老人ホームや訪問看護ステーション、手術室などです。

オンコールなしの完全日勤のみの職場には、日勤のみの病棟、外来、クリニック、日勤のみの老健、有料老人ホームなどがありますので、これらの中から職場を選ぶと良いでしょう。

ただ、特別養護老人ホームや訪問看護ステーション、手術室の中にはオンコールがない完全日勤のみの求人もありますので、「どうしても訪問看護が良い!」、「手術室が良い!」という人は、オンコールの有無をチェックしてから求人を選んでくださいね。

職場の人間関係が悪いことが原因のあなたへオススメの職場

職場の人間関係が悪く、イジメに遭ってしまったり、派閥争いに巻き込まれたことが原因で、うつ病になってしまったあなたは、人間関係が良く、温かい雰囲気の職場を選びましょう。

でも、「人間関係が良いかどうかなんて、再就職してみないとわからないじゃない!」と思いますよね。自力で再就職しようとすると、確かにそうなんですが、再就職前にその職場の人間関係を知る方法があるんです。

それは、転職サイトを使うこと!転職サイトなら、担当者に以前は人間関係が苦痛だったことを伝えて、人間関係が良い職場をピックアップしてもらうことができるんです。

担当者は、担当している病院や施設を直接訪問していますし、実際にそこに転職した人から感想などを聞いていますので、職場の人間関係を正確に把握しているんです。

また、あなたのように人間関係が悪い職場を退職して、転職を依頼してきた人から、「人間関係が悪い職場はどこか」という具体的な情報も得ています。

ですから、「とにかく人間関係が良いことが第一条件!」というあなたは、転職サイトを使って再就職先を探しましょう。

看護師がうつから再就職するためのステップ3=焦らずゆっくり行きましょう

看護師がうつから再就職するためのステップ3=焦らずゆっくり行きましょう

看護師がうつから再就職するための最後のステップは、焦らずにゆっくり、のんびり構えることです。

うつ病が良くなって看護師としてまた働こうという気力が湧いてくると、「バリバリ働いちゃおう!」とか、「休んでいた分の遅れを取り戻そう!」とついつい張り切ってしまうんですよね。

ただ、再就職後すぐに、張り切ってエンジン全開で働いてしまうと、ガス欠を起こす可能性があります。

一流のスポーツ選手でも、試合前のウォーミングアップは欠かしませんよね。ですから、あなたも最初からエンジン全開ではなく、ウォーミングアップの期間を取り、最初はゆっくりのんびり行く必要があるんです。

ですから、うつ病から再就職する時は、最初から常勤のフルタイムではなく、非常勤で週3回1日4~5時間程度の勤務にして、慣れてきたら働く時間を少しずつ増やしていきましょう。

もし、再就職して最初からエンジン全開で働いて、「もう無理、疲れた」とか「環境を一気に変えたせいで、またうつっぽくなってきた」となったら、また辞めざるを得なくなります。

そうしたら、今度はもう二度と再就職する気力が湧いてこないかもしれません。そして、再就職したらまたうつ病を発症するのではないかと怖くなってしまうでしょう。

それを避けるためにも、最初は焦らずにゆっくりとウォーミングアップの期間として、非常勤でマイペースに働くようにしましょう。

まとめ

うつ病になった看護師が再就職するまでの3つのステップはいかがでしたか?

うつ病になった看護師が再就職するまでの3つのステップはいかがでしたか?

あなたがうつ病になった原因を明確にし、その原因とは無縁の職場をピックアップし、焦らずにウォーミングアップ期間を作れば、うつ病からスムーズに再就職できるはずです!

人間関係が原因でうつ病になった看護師さんが、人間関係が良い職場を探す方法として、転職サイトを利用する方法をご紹介しましたが、転職サイトを利用するメリットはそれだけではないんです。

介護施設やクリニックの中でもより残業が少なくゆとりを持って働けて、あなたに合ったところやオンコールが絶対ない完全日勤のみの仕事で、そのほかの条件面もあなたの希望に合っているところなどを探してもらえますので、うつ病から再就職したいあなたは、ぜひ転職サイトを使ってみてください!

おすすめの看護師転職サイト

【1位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。一人ひとりの状況に合わせた求人選びを大事にしているので、転職について考えがまとまっていない場合でも気軽に相談できるのが嬉しいところ。利用者の満足度も高いので、イチオシの看護師転職サイトです。きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。

【2位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は人気急上昇中で、たくさんの看護師を転職によって幸せにしてきた実績のある転職サイトです。求人の量・質共 に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。ナース人材バンクとの併用にもオススメ!

この記事を書いた人

看護師 rina

  • 取得資格:看護師、保健師
  • 出身:茨城県
  • 年齢:34歳
  • 看護師経験:大学病院、一般病院、介護老人保健施設、巡回健診、イベントナース
  • 経験がある診療科:救命救急センター、一般内科

看護大学を卒業後、都内の大学病院で5年間勤務。その後は、一般病院の療養型病院で2年間勤務しました。大学病院に勤務している時には、バイトで介護施設などでの勤務経験もあります。1児の母となった現在は、看護師ライターとして看護師の皆さんが、自分に合った働き方ができるように、転職やライフスタイルのアドバイスに関する記事を執筆しています。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる